blog

ミュージックスクール、そう検索すると16,500,000 件と出てきた。

数え切れない、と言っても良いくらいの数スクールがあるわけで、そんな中、空風がこの町にある理由はなんだろう?

夕方、生徒さんが引けてデスクで事務処理をしていたら通りで大きな音がしてその後悲鳴が聞こえた。

条件反射でスクールを飛び出して、シートベルトをしたままの2人のお子さんを乗せたまま倒れてる自転車を起こしていた。女の子はわんわん泣いてた。倒れちゃったら女性だけでは起こせない重さだね。


別に「自分偉いでしょ?」って話ではない。

手を貸してると、お隣の印刷屋さんの社長が「先生どうしたの?大丈夫?」と来てくれた。

そう、そうなんだ。もしここでスクールをやっていなくて、たまたま近くにいただけで、自分にこんなことできたかな?躊躇なく。

そしてそんな自分に声をかけてくれる人がいたかな?この町で。


スーパー袋は破れてるし、下の女の子はまだパニクってるし、スクールで休んでもらうことにした。1度は「大丈夫です」と言っていたママでしたが、通りかかった人に勧められて「やっぱり休ませてください」とやってきた。

もしこれが普通のマンションなら、そうはならない話だ。


なんだかこの町というと大げさだけど、この通りを行き来する人に「勝手に責任」みたいなものを最近感じてる自分がいる。

子供達に映画会を開いたり、猛暑の休憩所とか言っちゃったり、半年前の自分が見たら「どうかしてぜ!」と言いそう。


僕は前世とか占いとか、そういったものを信じたり、左右されたりする人間ではないんだけど、「導かれてるな」って思うことは何度も経験してる。

きっとここに空風があるのにはそれなりの理由があるんだ。

バンドエイドなんてスクールにはなかったけど、逆隣の糸遊ママがなけなしのバンドエイド3枚を提供してくれた。


余談だけどその数分前、一人の年配の男性がやっていました。

黙って中に入ってきて、話しかけても反応なし。

「休まれていきますか?」

そういうと。。。

「何か食べ物はあるの?」

。。。。。あ、うち、喫茶店じゃないんです。

何度目だろうw。



今年の猛暑は各地で死亡事故を引き起こす殺人的なもので、空風のある杉並区和田も

それはそれは暑いのです。

交差点の見晴らしの良い場所にあるスクールから汗だくで歩く人を見て

ふと思いました。

ここはこんなに涼しいのに。

駅まで5分弱。ほんの一息できればと、本日より開校中はカフェスペースを解放。

もちろんレッスン中はおかまいできないですし、静かに休んで頂く方に限りますが、

涼しい校内でゆっくりしてください。

みなさんこんにちわ。music school 空の色と風の音、校長代理、渡辺です。

なぜ代理なのかは皆様もう皆様もうご存知かと思いますが、うちの校長は、その、あの、

あれでして。わんこでして。

で、その校長のオリジナル商品「空太校長の季節を旅するポストカード」ポストカード」

第2弾が本日発売となりました。絵柄やっと公開できます。

第一弾も良かったのですが、はっきりってバージョンアップしすぎです。

素晴らしいです。

イラストレーターのサイトウマサヒロさん凄すぎ。本気出しすぎ。

今回はいろいろなブルーの世界を旅してます。

4柄(送るよう、保存用2枚ずつ)8枚セット1000円。

是非お求めください。

レッスンの空き時間であれば購入だけでも、スクールにお茶飲みがてらきてください。


今日も1日お疲れ様でした。
月の頭は何かとバタバタして行き届かないから申し訳ないです。
そんな中、今日はとても訪問者の多い日でした。
まずはたまたま昼の休憩の時にやって来た太くん!
自分のライブでいつもトリオで頑張ってくれているパーカッショニスト。
ライブを休んでて、会いたいなーと思ってたらチャリでふらーっと寄ってくれた。
近況報告と次のライブの話をして別れた。

次に来てくれたのは生徒のAさん。レッスンにではないです。
これまたふらーっと。
残念ながらレッスン真っ只中でしたが
校長そっくりの紙トレーなどお土産を持ってきてくれました。
そして、いつもの子供達。
今日は多かった。8人くらいだろうか。代わる代わる校長撫でていきました。

風の強い水曜でした。
つい今しがたのこと。
東放学園から帰って校長を家に迎えに行き、夕方からのレッスンのために空風スクールに向かう途中、小さなお子さん2人連れのご夫婦に会った。
暑いなー、疲れたなーなんてぼーっと歩いてすれ違おうとした時、その2人のお子さんがずーっと同じ言葉を発してるのに気がついた。

ワンワン先生

ワンワン先生

ワンワン先生

呪文のようにそう言っている。

あ、この子達はスクールの事を知っている、空さんの事を知っている。

よくわかったねー!

と話しかけたら、実はいつものぞいているんだとママさん。

富士見シネマの事を話したら、週末すごい人が出てきたのはそれだったんですねーー!とびっくりされてた。

なんかちっちゃな点と点が細ーい糸で繋がったような、そんな出来事だった。

二回目の富士見シネマが金曜日にありました。
スクールを始めて数ヶ月がたち、夕方の特定の時刻になると子供達がなんとなーく、ゆるーく、顔を出すのが通例となってます。
レッスン中でもおかまいなくドアをノックする、それでいて何を話すでも何をするでもない。じーっと気がつくまで座敷わらしのように窓辺に立ってる子もいる。
中に入りな、と言えばそそと入ってきて校長を見たりなでたり。
暑いからアイスクリーム食うか?と言えばいらないという。
男の子の時もあれば、女の子の集団の時もある。
そんな何をするでもない彼らを見ていると、ふとあの頃の自分と比べてしまう。
学校帰り、自分の生まれた田舎町でも、駄菓子屋があり、タバコ屋があり、ちょっとした小上がりや木陰のあるベンチがあった。

そこで過ごす、家でも学校でもない時間は大人になった時、居酒屋になり、ライブハウスになったんだよね。

今の子供、いや、全部を知らないから、この町の子供にはそんな場所がないのかもしれない。
彼らになんかできないかな?
そんなことで始まった富士見シネマ。
好きなお菓子と飲み物、お気に入りのクッション持参でみんなで映画を見る。

2回目にしてかなり浸透してくれた気がする。
声をかけると、もうその話は聞いている、とか、○○ママから誘われた、とか。

おかげさまで予約だけで満員御礼。
スクール前がママチャリで占拠された(笑)
両隣さんは心良く場所を提供してくれた。
それでも満杯。

こちらも準備万端!
あっという間に音楽の学校は子供達の秘密基地になった。
パパママで参加は1組。後は子供達だけ、薄暗い空間。大きなスクリーンからは大好きなミニオン。
音響は…バッチリ!だって、ミュージックスクールだもの(笑)

たった2回じゃまだ大きなこと言えないんだけどね、大人になった時、いや、もっと前、彼らが中学生や高校生になったころ、僕私の町には時々開かれる小さな映画館があったんだ、なんて思い出したり、誰かに話してくれたりしたら嬉しいな。
この町に生まれて良かった、と思える何かしらのお手伝いが出来ているなら、こんなに嬉しいことはない。
あの日の自分がそうだったように。


スクールの入ってるビルはそれなりに築年数が経ってるんだけど、大屋さんのメンテナンスがしっかりしてるので、同い年のビルや人間(笑)に比べると、結構若く見えるのだ。
五月からの10年ごとのメンテナンスも終わって外壁も綺麗になったので、ここらでうちも最後の大仕事。
年明けから内装や機材搬入や頑張ってスクールを造って来たけど、手付かずだった入り口上の大テント。
先先代の公文塾からの水色のホロがだいぶくたびれてる。

スクールらしい新しい色に張り替えだ。
緑の枠が印象的だなら同系を配色するとどちらも目立たなくなるし、かといって焦げ茶も暗い印象…あれやこれや悩んでる時、スクールをはじめようと思ったとき描いたイラストを思い出した。

答えは春より前に出てたんだね。
ますますスクールでなく、カフェ、いや、喫茶店、いやいや、町のリビングらしくなってきた!
週末には子供達との富士見シネマもあるし。楽しみだ。

静かな町の小さなミュージックスクール。
空の色と風の音。

町のイベントにも積極的に参加します。
ということで、昨日は町内会の盆踊り大会の練習会に参加してきました。
東京五輪音頭。
大丈夫なんだろうか?石川さゆりさんだけで良かったのでは?加山雄三さんやピストルさんと、次々声だけでなくテンポもキーも変わって、盆踊りの曲なのに間奏とかあるし、間奏のサイズもばらばらだし…なにより踊りが…パラパラのようにいくつかの振りを繰り返すからみんな踊れる盆踊りなのに、この曲は間奏サイズが違うために振りも一曲通してばらばら。聖火のポーズやイナバウアーのポーズとか、オリンピックとパラリンピックの歌詞の違いで振りも変わる。だいたい、イナバウアーは冬季五輪では?(汗)
全世界にもしもこれが紹介されたら、日本の古式ゆかしい夏の踊りはだいぶねじ曲がって伝わるなぁ…

あ、話が逸れた!で、暇そうな母も連れて仕事終わりに途中から参加。
みんな真剣に取り組んでいて、この町の気質が伝わってきた。
先生も、上品な方でとてもわかりやすかったけど…元が難解だからなー。
1時間ほど踊って、スクールに残務処理で戻ると…3人家族とスクール前で出くわす。

富士見シネマのチラシの残数を数えていると、こちらの方ですか?と声をかけられた。

こんな日が来るとは思ってたけど、いざとなると思わず対応がわからなかったりして。

チラシ見てご予約に来られたそうで。

お友達と3名お願いできますか?

もちろんです!送り迎えはお願いしますね。

そんな会話の後、せっかくだからとスクール内を見学して頂きました。
特にカルチャーサロンにご興味があるというママさんはフラワーアレンジメントのチラシを持ち帰られた。

こういうのがいいんです!一回だけ気軽に参加できるサロン!

嬉しいお言葉頂きました。


という事で、富士見シネマあっという間に後五席です!
お申込みお早めに。

地域の子供たちとの交流の場にと開催した富士見シネマ。
6/29金曜日2回目の開催が決定しました。
もちろん無料!
町のリビングでゴロンと寝っ転がって、お菓子を食べて、笑って泣いて、みんなでワイワイ大きなスクリーンでミニオン見よう!
大人気のイベントのため、参加はご予約にてお願いします。
ここで声を大にして言っておきます。
来たからと言ってミュージックスクールへの勧誘をするとか、別途何か買わせるとか(笑)
そんなことは決してないのでご安心下さい。
夜のイベントのため、送り迎えはご父兄に責任持ってお願いしています。
四歳児以上であれば上映中お預かり致します。
会場内には共同開催のNPO法人ゆるゆるma〜maさんより保育士さんがいます。
もちろん親子参加も大歓迎!
蓋のある飲み物、お菓子持ち込み自由。お気に入りのクッション持参オススメしてます!
6/29金曜日 18時開場 18時半開演 20時終演予定

ドアは開けたまま。
蚊取り線香の香りと外から聞こえる雨音。
大きな窓には雨景色。
台風対策で室内に入れたシマトネリコを抜けて、ひんやりした風が時折吹き込む。
東放学園の授業の前、レッスンの入っていないこの時間が好きだ。
先週一週間運営して足りなかったものを用意したり、新しいアイディアを方にしたり。
今日は靴箱周りを少し改善して、いよいよ無くなってきたスクールパンフレットをリニューアルするためにデザイン起こし。
ライブやイベント、事あるごとにチラシをもらう。
演劇なんて見に行けば、各出演者の次回作がちょっとした書籍ほどの厚みで手渡されたりもする。
デザイン畑にいた経験があるからか、そんな中で目にとまるのは好きなアーティストや俳優のものではなく、好きなデザイン。
持って帰りたくなる質感のもの。

前回のチラシはとにかく早く作らなきゃ!まずは生徒さん増やさなきゃ!というところからのものでした。
オープンからまもなく1ヶ月。プレオープンからは3ヶ月が経って、お陰様で生徒さんの人数、カルチャーサロンの開催日も当初の予定をはるかに超えることとなりました。

不便な点、もう少しな部分も毎週この時間に少しづつ改善して、ここからはいかに空風らしさをだしていくかだと思ってます。
前回開催した地域の子供たちとの交流会、富士見シネマも今月6/292回目を迎えます。
歌声喫茶はなんとなくこの町には根付かないような気がして冬眠中。カルチャーサロンは想像以上にこのスクールと校長代理の自分に潤いをくれます。

スクールらしくて、尚且つ持ち帰りたくなるパンフレット。
小冊子風にして、中にはカルチャーのチラシも一式入れる事にしました。
まだ制作途中だから来週続きをやろっと。

さて、東放学園向かいます。
今期は自分の担当するボーカルアーツのクラスは喜怒愛哀楽というテーマでノンストップ60分間の歌唱発表をします。MCなし、全員が原則舞台に出っぱなしの60分。
7月の発表に向けて頑張ってもらわなきゃ!

関東地方、入りましたね。梅雨。

そして早速の梅雨の晴れ間だそうです。

気象予報士の方が申し訳なさそうに言ってました。w


スクールに向かう道の途中に根性あるスミレが咲いてます。

どこかの庭先か、近所のベランダか、はたまた動物が運んだか?

アスファルトにポトリと落ちた種が根を下ろし、芽を出し、葉を広げ、花を咲かせるのに

どれだけの苦労があったか。

なんだかさ、重ねちゃって、自分と。あ、自分まだ咲いてないけど。

根がちょろっと出ただけだけど。愛おしいです。撮影してるとこご近所さんに見られて

後から突っ込まれました。そんな町です。ちょっと、いいでしょ?

薄紅色の梅や桜で始まった花のリレー。

菜の花の黄色やハナミズキやジャスミンの白を過ぎて、街は紫陽花色。

大ぶりでデコラティブなデザインなのに、どこか寂しげなのは

やっぱりこの色のせいでしょうかね。

先日、高幡不動に行った時の写真です。

きっとこれから見頃な紫陽花祭り。やってます。

さて、music school 空の色と風の音は今週もたくさんの歌声が響いてます。

雨の日は出かけるのちょっと憂鬱ですが、こんな時こそ歌です。

心に響く雨の歌、沢山ご用意してお待ちしています。

体験レッスン、カウンセリング、無料。お気軽にお問い合わせください。


優しい雨

小泉今日子さんの歌う雨の歌。
悲しい雨や冷たい雨、雨には色々な枕詞がつくけど、優しい雨って、良いですよね。

心の隙間に優しい雨が降る…

どんな雨かな?そんな想像を掻き立てる出だしではじまる詞。

群れをなす魚たち
少し楽しげに
駅に向かって走ってく

小学生だろうか、駅を使うと言うことはもう少し上の高校生くらいだろうか?
はしゃいで傘もささず小走りに駅に向かう姿を魚の群れにたとえるなんて、
最近のポップスではもうない表現ですね。

こんなに普通の毎日の中で出会ってしまった二人

サビになってやっと、私と彼が登場します。

最近の曲は最初から私の話ですが、この奥ゆかしさが昭和感出てて、また好きです。

ミュージックスクール空の色と風の音ではこんな風に歌詞をゆっくり味わいながら、自分の絵筆で絵を描くように歌を唄います。
優しい雨だけなら良いのだけれど、これからの季節は時に心も体もしんどくなる雨が続きます。
駅から5分弱。

お気に入りの傘をさして、スクールにうたをうたいに来ませんか?

大きな窓から通りに降り立つ雨粒のダンスを見ながら、ゆっくりソファーで休んだ後、あなたの絵筆で好きな色で、好きな歌を。
ここにしかない空、そこでしか吹かない風、そんなものを大切に、大切にしながら歌を紡ぎます。


お問い合わせはお電話かメールでお気軽に

music school 空の色と風の音

〒166-0012 東京都杉並区和田 1-51-1 ホートパレス

TEL: 070 5016 1108

問い合わせ